ちょこっと畑仕事

紅花 なんとか頑張って大きくなってくれています。

畑に水道がない為、水やりは湧き水をペットボトルに溜めておいたものを使ったり、ある方が掘って掘って水が出てきたと、水溜を作ってくれたのでそれをいただいたりしてなんとか凌いでますが、梅雨が早くきて欲しい…。

母子草

昔は草餅の材料だったようです、春の七草、ゴギョウ。

丸っこくてふわふわしてて可愛らしくて好きな野草の一つ。

秩父連山を見渡せるこの土地のリズム。

一年経ってようやく慣れてきたかな。

フォーマルワンピース

特別なお祝いの日に出席する為にワンピースのオーダーをいただきました。

デザインから布選び、袖やスカートの丈の細部までじっくり数ヶ月かけて一緒に作らせていただきました。

おばあちゃんになっても着たい!と頂いた言葉が何より嬉しいです。

普段着も、特別な日の1枚も、着る人の想いに寄り添っていけたらと思います。

ひとつ、ひとつ。

紅花

ムクムク土の壁を破って出てくる芽の力強さ!

両親が小さく耕している畑をちょっと借りて、今年は紅花染料を収穫しようと蒔いてみました。種は紅花の産地、山形県から買わせてもらいました。春蒔き、上手に育てられるかな…。

畑を始めると、途端に晴れの日よりも雨の日が嬉しくなる。

2mm

紙糸。

右 4mm 左 2mm で切って石の上で揉んだもの。 やっぱり半分になると、力加減がだいぶ繊細になる。

次は一本の糸に繋げて、依かけ。

桜と梅

上が桜、下が梅。

畑に剪定後の梅の枝が山になっていたので、少し拾ってきた。いつから野ざらしになっているのかわからなかったけど、試しに染めてみたら、なんとも淡くて優しい色。

一つ色が増えました。

染色日記。

桜染

3月に、ひょんな話からお花の農家さんが剪定後の枝を分けてくださいました。農薬はほぼかかっていないとの事だったので、まずはお試しに、と少しいただき、すぐに染めてみるはずが…。バタバタしている間にあっという間に時間は経って、今頃染めてみた始末。

今回は煮出して、3回目、4回目の液で染めてみることにしました。

その後、明礬媒染にしてみたら、

こんな感じの色が染まりました。

まさに桜色、

2018年春の記録に。

今は機織りが出来る環境が整ってなく、織れないのだけれど、いつかのために、少しずつ色をためていきたいな。