a tender light

4/14〜22で行われる展示会 – a tender light – に参加する作家さんのご紹介。

【つづり舎】

つづるつなぎあわせる

身延町にある1日1組限定の古民家宿「TOWA」

http://oyado-towa.com/

を運営する2人が2017年から活動を開始。

写真、チラシやショップカードなど紙モノのデザイン、縫い物 などなど自分たちの感覚を、自分たちの歩幅でつづる、気ままな手しごと。

つづり舎つくろいWS  4月22日(日)

つづり舎による、靴下や衣類にできてしまった穴を手縫いで補修(ダーニング)するつくろいWSを開催します。

繕いたい靴下や洋服をご持参ください。

このWSでは、写真のように、穴のあいてしまった靴下や、弱って亀裂の入ってしまったシャツなどのつくろいかたを、 鶴田 貴子 (鶴田貴子) さんに教えてもらいます!

(ちなみに写真はすべて、彼女がつくろったものたち)

13:00-14:30

定員:8名

おかげ様で定員に達しました。

ありがとうございます。

料金:1,500円

WSで使用する道具はご用意しています。

繕いたい靴下や洋服をご持参ください。

お茶とmoxiesによるお灸つき。

繕い(つくろい)とは?

最近「ダーニング」という言葉を耳にしたことのあるかたも多いのではないでしょうか?

英語で繕いものを意味するダーニング。日本でいう刺し子などのように、衣類などにできてしまった穴を繕って補強するだけでなく、敢えて糸の色を変えることでチャーミングポイントに変えてしまうのです。

つくろいWSで使用するダーニングマッシュルーム(穴に当てて生地を広げながら糸を縫いやすくするきのこ型の木の道具)は、同じく身延町で木製建具の製造販売や修繕を行う傍、生活を彩る木工品の製作をおこなう「kinari」が製作したものです。

当日は数量限定ですが、ダーニングマッシュルームの購入も可能です。

【 tapiiri 】

ラトビアで伝統的な織物を学び、その技術を山梨県竜王市にお店を構えながらワークショップを通して伝えている。お店には彼女のセレクトしたラトビアなどの小物たちや、旦那さんが編んだ柳のカゴが並ぶ。

http://www.moi-tapiiri.com/diary.html

バンドウィービングWS 4月21日 (土)

織と聞いて思い浮かぶのは

ツルの恩返しでツルがバッタンバッタン布を織ってる姿。

そもそも機械という概念は、

布を織るためにでき、

(機という字には糸が、2つも!)

織り機の誕生により産業革命が起こり

現代社会はこんなに便利でスピーディ。

そんな時代に自分が着る布とか織れたら素敵だろうが、大変そう。

そう、そんなあなたへ伝えたい

バンドウィービングの魅力。

バンドウィービングには

特別な機械はいらない。

必要なのは、糸と、柱と、棒と板切れにハサミ、そしてあなた自身。

バンドウィービングは、

原始的な織の技術。

しかしシンプルな構造ながら、

できる柄のバリエーションは無限。

今回のワークショップは

ラトビアという国で織物技術を習得してきたtapiiriさんが、少人数に丁寧に織り方を指導してくれます。

しかもtapiiriさんが織るまでの準備を全て用意してきてくれるので、参加者は織るだけという手軽さ!

経(たて)糸に緯(よこ)糸を織り込んでゆくと、

その瞬間に糸が布に変化します。

こつこつつづければ確実に布は長くなる。

今回はキーホルダーにしたてます。

織って疲れても大丈夫、

最後には鍼灸師ユニットモクシーズが疲れを癒しすツボを指導し、セルフでお灸を据えて終わり。

⑴10:30-12:00

⑵10:50-12:20

定員:各回3名ずつ

料金:2,000円

【kinari 】

AKITO COFFEEで展示するコラボ作品の途中経過写真です。

jojoが絵を染め、

yoyoが刺繍を施した布。

それを囲う木製の額縁を製作するのがkinari.

4/22つくろいWSで使用するダーニングマッシュルームも一点一点手作りしています。

身延町で木製建具職人のお父さんの背中を見て育ったkinariの遠藤さん。

木工が身近だった遠藤さんは大学では建築を学び、設計師として働いていました。

ものをつくりたい気持ちを抑えきれなくなった遠藤さんは2011年の震災をきっかけに

おとうさんの仕事を継ぐため、地元身延町のために何かしたいという意欲を胸に2012年に地元に戻って来たそうです。

「日本の木を使ってものを作りたい」と言う遠藤さんの好きな木は”桜の木”。

とにかく作るのが好きで、人に喜んでもらいたいと語る遠藤さんは表に出るのは苦手な職人気質。

AKITO COFFEE での展示は

4/14(土曜日)より

3人の作家がコラボした作品は、全てが一点物の限定品。

購入方法は別途記載してゆきますが、欲しい方は、早めにAKITO COFFEE へ!

【 Josephine Vejrich Watanabe 】

山梨県在住のイラストレーター、美術作家。

スウェーデン国立美術工芸大学コンストファク卒業。

http://cargocollective.com/josephinevejrichwatanabe

彼女にしか出せない色や、空気感、表現…。彼女の作品のファンである陽々が今回声をかけ、jojo × yoyo 初めてのコラボレーションが実現。どんな景色が見えるのか、どうぞお楽しみに。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s