Herning

大学時代に沖縄で出逢ったデンマークの友人を訪ねてHerningへ。約8年ぶりの再会。でも、お互い変わらず自分とテキスタイルとの関わり方を見つめていて、8年も会ってなかったとは思えないほど、話が弾み、またすぐに会える気がしてる。Signe、嬉しい再会をありがとう。

公立の図書館、空間設計が面白い

蔦の跡

銅の壁と窓ガラスと木枠の素材の組み合わせ、窓に映る空

  彫刻家 Ingvar Cronhammar、Elia

水面のように見える鉄格子が三重になった窓の空間

The Geometrical Gardensは庭園設計士のC. Th. Sørensen

錆びた鉄の色と草の緑、

階段

Antony Gormley  -Allotment-

Herning現代美術館

昔、シャツを作る工場だった場所は服飾を勉強する空間に。 ミシンとそのコードのごった返した感じに興奮します。

いま、友人はEge Herningというカーペットを作る会社で働いている。その職場を案内してくれた。

システマティックにしかも巨大な製品が作られていく。普段自分の向き合う手仕事とはほど遠い気がするけど、ものづくりへの意識は近いものを感じた。彼女の仕事への情熱を感じ、とても良い刺激をもらった。誰かのイキイキした姿や、現場の空気に触れる事が出来るって素敵だ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s