Tisvilde Hegnの森

Tisvilde Hegnは、1500年頃から、風の影響により砂丘化し始め1700年までに大部分の地域は荒廃した。自然の力に対抗しようといろいろな試みが行われた。1800年頃から1900年頃にかけて行われた大規模なプランテーションは成功し現在、森となり、保護されるべき生き物たちの住処にもなっているようだ。

フカフカに腐葉土と苔の大地には砂が入り混じり、過去の砂丘を物語る

風の影響により真っ直ぐに伸びず這うように伸びた松の木々

この森はデンマークで最も古いプランテーションで、約200年経つ。最初に植えられた樹種は松の木で、その後スプルース、バーチ、ブナ、オークが植えられた。

蟻の巣

豊かな苔とカンタレールの子

よく見ると規則正しく並んで生えている木々。人工的に植えられた事が分かる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s