ワークパンツ

厚めの綿生地に、股上長めで、ベルトが無くても落ちてこないように。何よりお腹があったかい〜。座っても突っ張らないように、お尻周りは広めにしてタックを。裾はスッキリと、もたつかないように。

ラフにシャツ

   右にポケット付けて、ボタンは裾が開かない位置に一番下のボタンを合わせてみました。

麻のシャツ。1枚目よりも少しゆったり目に仕立てさせていただきました。夏の暑さも風が抜けて涼やかに。腕まくりして、サクッと着こなしていただき嬉しい限りです。

夜に撮影したため色味は御容赦を〜

SOLOLAガウン

ナイジェリア ヨルバ族の方がキャッサバのでんぷん糊を鳥の羽などににつけ、手描きで模様を描き防染されたものを藍染した布 1240×2230 mmからつくるガウン。

SOLOLA African Arts & Crafts Shop

https://sololaweb.wordpress.com/

ソロラさんとお仕事させていただきます。また詳しくは追ってお知らせいたします。

本藍の香りと繊細でダイナミックな模様を纏う贅沢感。

立夏

立夏

5/6頃、このころから立秋の前日までが、暦の上での夏、山々に緑が目立ち始め、夏の気配を感じ始める頃。「夏立つ」「夏来る」ともいう。

空輝き水輝きて立夏かな / 立子

季節の移り変わりの早さに気後れしそうになりながらも、もうすでに日焼けしてるおデコと頬っぺたがなんだか嬉しくなる。
陽が沈んでからの風の心地よいこと。