入学準備

春から小学校に入学する男の子にと、ご依頼を頂き、アレコレ作らせていただきました。6年間しっかり使い込んでもらえるように、丈夫に丈夫に。

こうやって日々の暮らしの中にいる、ふと思い出してもらえる ‘ミシンの人’ でいれたらいいな、と思います。

御入学誠におめでとうございます。

暖かで穏やかな春をお迎えください。

和と洋のガウン

ご依頼頂いていたガウン。

襟から前立てにかけてのラインが着物の流れの様な、ボタンもホックもなく、さっと羽織ってストンと。したカタチ。

ポケットは脇線上に。

いつも思う事は、きちんと写真撮らなきゃなぁ、と…。シワとか伸ばさずの写真で逆に普段の使用した感じが分かるかしら…?とりあえず、記録として。

kdyby nebyly riby, nebyly by VODNANY

パベル ヤンシュタ 写真展 

歩いて出会った笑顔と言葉

八ヶ岳南の学校ギャラリー草の花の窓の外には八ヶ岳と青空。パベル氏が淹れてくれた温かいチェコのお茶を飲みながら、彼の旅で出会った人々と向き合う。180人の笑顔。

ヴォドニャニからエルサレムまで、広島から長崎まで、スイスからフランスのテゼまでの3つの旅。

それぞれの愛と希望と信じることについて尋ねる旅。

対話すること。語り合うこと。もうそこには国境も宗教もなく、それぞれの信頼関係で成り立つ世界が広がると感じた。

みんな平和を望んでいるという共通点。

一つずつ、時間をかけること、自分の足で。

出逢いに感謝。