一陽来復

今日は冬至の日。

一年で昼が1番短くて、夜が1番長い日。1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。

冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていたようで、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点のようです。
中国や日本では、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくると信じられてきたようです。

物事の捉え方1つでなんともありがたい日になるなぁ、と始まりの今日を大切に過ごしたいなぁと思いました。

干し柿も食べ頃です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s