縄文号とパクール号の航海

上映会のお知らせを。

2016年 10/10(月•祝)文化のるつぼへちま(山梨県甲府市) http://hechima400.blogspot.jp

にて、「縄文号とパクール号の航海」の1日限りの映画上映会があります。

10時の回と、15時の回があり、その2回とも、監督によるアフタートークがありますよ。
15時では石田泰道さんと対談形式となっています。

陽々、横田はキッチンスタッフとして関わらせて頂きます。

舟に乗り航海をした1人である佐藤洋平氏に、航海中に料理し食べていたものを伺いました。その伺った料理を当日皆さまにお召しいただけるよう、只今、試作中です。簡単なスープとおやつを考えています。どうぞ一緒に旅した気分になって大きな心で地球と向き合ってみませんか。お待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【縄文号とパークル号の航海】
〜「グレートジャーニー」 関野吉晴 前代未聞の大航海〜
ドキュメンタリー番組「グレートジャーニー」などで知られる探検家・関野吉晴が、手作りの舟でエンジンを使用せずインドネシアから日本まで航海する過程を追うドキュメンタリー。砂浜で砂鉄を集めて鉄器を作成し、その鉄器で作り上げた舟に、現地の人と日本人が一緒に乗り込み、小さな舟で旅をする姿を映す。監督は、本作の姉妹編『僕らのカヌーができるまで』の水本博之。自然を知り尽くす探検家の「キャリアの中で最も困難な計画」というだけあり自然の美しさと圧倒的な力に驚くとともに、クルーたちの友情も見どころ。

「今回は若者とインドネシア人と漁師と手作りカヌーで大海原に挑戦。星を頼りに航海する、グレートジャーニー関野吉晴さんたちの姿に手に汗にぎり、最後は拍手を送り、脱帽した。」—北野武(映画監督•タレント)

「関野さんは、読書しているような目で冒険をやってくれる。今度の旅は、海と人間に補聴器をあてているような顔だった。」—糸井重里(コピーライター)
—————————————-

10/10 (祝•月)  午前の部10:00〜/ 午後の部 15:00〜

場所: 文化のるつぼへちま 甲府市中央2-13-20 電話:055-236-5651

チケット 前売:一般2000円/学生1000円  当日:一般2300円/学生1200円

紅梅通り文化祭×こうふのまちの芸術祭

特別企画    企画担当 五味文子

問い合わせ 5323ko@gmail.com

・縄文号とパクール号の航海 http://jomon-pakur.

・対談する石田泰道さんのインタビュー*http://kofuart.net/?eid=141

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s