足るを知る

国分寺のカフェスローさんでの上映会の機会にタイミングが合い、観させていただきました。 

国民総幸福 GNH を図るブータン国王、鎖国が解かれ、王政から民主政にかわり、道は繋がり、インターネットで世界の情報を得られ…と、選択範囲が広くなったブータンの今と未来を見つめた日本人 辻信一さんのドキュメンタリー映画。

ヒマラヤ山脈の南に、面積はほぼ九州と同じ、人口約75万人。 人の踏み入ることの無い自然エリアが残る大地の豊かな国。チベット系大乗仏教を国教とし、人々の祈りが生活の中に当たり前にある。

学生の頃、ブータンから美術教育をブータンの学校教育にも取り入れたいと、日本語に訳すと太陽という名前の彼がやってきた。初めに教えてもらった言葉が ゾンカというブータンの言葉で trashidelek タシデレ だった。
そんなこともあり、勝手に身近に感じているブータンの事を取り上げたドキュメンタリー映画、心の衝動のままに上映会場へ向かった。

映画を見ながら頭と心の中では沖縄での日々、彼の言葉や行動が走馬灯のようにぐるぐるしてた。

王政から民主政になる時、彼は沖縄にいた。

これからの未来に不安と期待と今までへの感謝とこれからへの希望いろんな想いでいたのを覚えてる。

いまどのような想いでその土地に立ち、

暮らしているのだろう。
いろいろ思い出すときりがない。

ブータンには人間が立ち入れない森がある。そこはイエティの森。

人間が荒らしてはいけないエリアがある。

と言っていた。

足るを知る。
地球上の一生物として他の生き物に敬意を持って生きることは、言わなくても誰もが周知していて、人間の身体は自然界からの借りているもの、死んだら土へ還す。

小さな目印を付けて一年間はその人を想い祈るが、お墓はなく、落ち葉が土に還るように、ヒトも土に還ってまた新たな命へとなる。

ブータンに限らず、

やんばるの森も東京の森も、海も空も…

そうあったらどんな世界が築けるのだろう。

何十年か前には日本にもその感覚があったはず…。

と、つい途方もなく考えてしまった。

 
変わらないで欲しいと勝手な想いがあるけれど、せめてどうかよい選択をとブータン想いを馳せる。

心豊かに。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s