THE TRUE COST

最近、気になっていたドキュメンタリー映画を観ることができました。
THE TRUE COST 

 ファストファッションの真の代償 

世界はどこへ向かおうとしているのか。

大きな流れを変えるには…

誰一人として他人事ではないこの現実、意識を変えていかなくてはいけない。気に留めているだけでは変わらない。と痛切に思わされた。
当たり前の事だけど、

人間は自然の秩序の中で生かされている。

豊かな自然の中で多種多様な生き物たちは共存しながら互いに助け合い生存し、命を未来に繋げる事ができる。人間もその中の一種の存在である。

人間の為に用意された地球などない。

人間に与えられた知恵と想像力を自然界の中で活かす事で地球に生きるものの一種として秩序を維持していくべきであり、人間が自然界をコントロールするために知恵を使うべきではない。
欲は生き物にとってなくてはならないエネルギーの源だと思うけれど、欲に翻弄され、目先の利益に囚われてしまうと同じ世界に住む遠くの人や、遠い未来のことへの配慮が欠けてしまう。想像力がなくなってしまう。

緑豊かな自然から離れた暮しをしていくに連れ、人間界の秩序と、動植物界の秩序とのすれ違いが大きくなってしまったように感じる。

一括りにしたその人間界の中でもその差はどんどん大きく広がっている。
わたしには何ができるのだろう。
小さい頃から布で何かを作るのが好きだった。

布に限らず、手を動かしているのが楽しかった。

特に疑問も抱かず小さい頃は、大きくなったら洋服屋さんになりたいと思っていた。

でも、いざそれがより現実的に進路を決めなくてはならなくなると、前に進めない自分がいた。

世の中は既に沢山の衣服があって、今更わたしも服を作る意味は何なのだろう、と。
でも布が好き。作りたい。
ただ作り出すだけの行為は、

結局同じ結論に行き着く。
どんなものをつくるのか。
今わたしが行き着く答えは、

最後まで責任を持てるもの。
長く愛着を持って着たい、思い出をたくさん刻んでいける命の長い服を。

その為に、私の仕事は私のデザインした服を売ることは一番の重要な事ではなくて、イメージする服について私に相談してくれた方の希望に少しでも近づける事、確かな技術でカタチにする事。傷んだところは繕い、お手入れしながら着続けたいと思えるように。
今はもっともっと勉強しなければ、

お直しの技術の事、繊維の事、布の事、生きる事、地球の事…

背景をきちんと知り、伝える責任がある。
そしていつも思う事は偏りすぎないように。

見失わないように。

バランス。
猪突猛進ガな私への戒めの言葉。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s